2009年10月29日

奇珍

さて今週は久しぶりに”食”について取り上げてみました。個人的には”食”に関してのコダワリは何も
ありません。味に関して”ああだ、こうだ”なんて言うより、自分がおいしいと思えばそれで良いという
主義なのは皆さんもいっしょでしょ?この手の話をするとワイルドマンが横から、『やっぱり天然の
アワビだよ!』とか、『やっぱり素材がね〜』とかホント!うるさいのでとっとと始めましょうか!

09102904.jpg
そんな訳で今週も本牧の話題となりますが奇珍さん(きちん)です。場所→
Area1からだと麦田トンネルの手前、元町方面からだとトンネルをくぐった右手になります。
大正7年創業の老舗中華料理店です。ここは極細の麺が特徴で店主自ら打つ自家製麺は
コシがあり、左下のネギソバはここの名物です。遠方からのファンもとても多いお店です。
091029 003.jpg 091029 001.jpg 091029 002.jpg

この日はイタリアから戻ったばかりのワイルドマンが昼食べた?というので
奇珍さんの営業時間(AM11:30〜PM3:00&PM5:00〜PM8;45)15時前に入りました。
どうですか?おいしそうでしょ?さっぱり派の僕にはこのネギソバはサイコ-です。
そういえば、ワイルドマン!ここのお勘定まだもらってないんですけど、、、、、
いかがですか?奇珍さん。Area1からクルマで5分位ですから機会があれば是非どうぞ!
木曜が定休日です。

それに付随するお話になりますが、MOONEYES ILLUSTRATED Vol4が
10/31全国書店にて発売となりますが、その中で”Honmoku Style”という見出しで
本牧特集を今回組んでいます。その中に今回の奇珍さんも含まれていますが、らしい本牧の街を
数点紹介しており、まさにHonmoku Walkerともいえるかもしれません。
honmokustyle1031.jpg
MOONEYES ILLUSTRATED Vol4にはこんな雰囲気で数ペ−ジ紹介しております。
どうですか?写真もイカスでしょ?

091030 002.jpg 091030 001.jpg 091030-1.jpg
肝心の表紙はあの伝説のRock Band "ZZ TOP" Billy F Gibbonsです。
更に今回のILLUSTRATED Vol4では、中央画像をサイン帳としても活用できるよう
心憎い編集がなされております。他の来日ゲストも同様です。
そして更に特筆べき事は、Billy F Gibbonsの愛車、Mexican BlackBirdがデザインされた
HCS会場限定販売のT-Shirtsを持ち込んでくると言うから、コリャ〜凄いことになってきました。

とにもかくにも、まずはMOONEYES ILLUSTRATED Vol4を手にとってみて下さい。
10/31(土)全国の書店で発売開始です。勿論通販でのご注文もOKです。
Area-1店頭にサンプルが用意されてますが、ここはレコ−ド、CDに習い、ひとつ”ジャケ買い”
決めてみませんか?

そんな粋な皆さんのご来店を週末お待ちしております。では!!



 

posted by HONMOKU-STYLE at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

八聖殿郷土資料館

さて今週は本牧の歴史について学んできました。横浜開港前の横浜は以前もお伝えしたように
半農半漁という小さな村でしたがここ本牧も同様で、戦後の埋め立てが始まる1959年から
漁業をはじめその周辺の景色や暮らしの様子も大きく変化していきました。
そんな変遷を資料として伝えているのが今回ご紹介する横浜市八聖殿郷土資料館です。場所→

まずは当時(昭和30年代)の本牧の様子です。【撮影許可を頂いております。】
091022 064.jpg 091022 045.jpg 091022 062.jpg
091022 050.jpg 091022 051.jpg 091022 047.jpg
091022 060.jpg 091022 061.jpg 091022 057.jpg
いかに当時の本牧漁業が盛んだったのか!貴重な写真が多数展示してありました。
親戚が横浜で海苔屋をやっているので思わず食入るように見てしまいました。

091022 055.jpg 091022 054.jpg 091022 059.jpg
091022 065.jpg 091022 066.jpg 091022 067.jpg
1Fが漁業、2Fが農業の歴史を伝えています。

091022 072.jpg 091022 041.jpg 091022 034.jpg
八角形のこの建物は奈良 法隆寺夢殿を模して1933年に建設され、上記の写真のように、
聖徳太子、弘法大師、親鸞、日蓮、釈迦、孔子、ソクラテス、キリストの8聖人が飾られています。

091022 036.jpg 091022 037.jpg 091022 046.jpg
そしてもう一つ興味深かったのが、この八聖殿のすぐ脇に、旧本牧スタンダ−ド石油社宅が
ありました。50年代のアメリカンライフスタイルの建物を今に伝える貴重な財産であっただけに
解体されとても残念です。有志の方々のホ-ムペ-ジからもその重要性が分かります。
一番右の写真は昭和30年代の本牧一帯の航空写真で、
中央上の白っぽい区域が米軍接収地で、左下の海が海苔場だそうです。

091022 005.jpg 091022 014.jpg 091022 027.jpg
開港前後、接収前後、埋め立て前後、本牧のこの地はその時代、時代で劇的に変化しています。
市電廃止後、もしここまで地下鉄が開通していたらまた違った街になっていたのかと考えると
果たしてどっち良かったのでしょうかね?

【Area1からお客さまへ】
今週は半年ぶりにお犬さまがBlogに出てくれました。
右上の絵は今年2月頃ですので中央と比べてもデカくなったでしょ?
成長に合わせこういったItemを揃えていくのも楽しみのようです!
商品はお店で確認してみて下さい。
コメント長いとお犬さまに怒られるので今週はこの辺で!

陽気も良いので本牧市民公園で一息入れるのもイイモンデスヨ!


091023 008.jpg091023 001.jpg 090206 010.jpg
091023 005.jpg091023 007.jpg091023 006.jpg





posted by HONMOKU-STYLE at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

横浜水道記念館

さて今週は地元、保土ヶ谷の話題にしました。ここも行こう、行こうと思っていながら、その時に
思い出せずにいた所で横浜水道記念館を取り上げてみました。場所→
地元に居ながら存在は知っていても行ったことは無いっていう所って皆さんあるでしょ?
それじゃ画像で一気にいきましょう。

091015 003.jpg 091015 005.jpg 091015 006.jpg

091015 008.jpg 091015 009.jpg 091015 012.jpg
091015 013.jpg 091015 019.jpg 091015 010.jpg
様々な記念碑や展示物がありました。

091015 020.jpg091015 021.jpg091015 022.jpg
091015 023.jpg091015 024.jpg
記念館1Fは横浜の開港前後の水道の歴史の資料が多数展示してありました。

091015 025.jpg091015 026.jpg091015 028.jpg
この記念館の隣は西谷浄水場なのですがこのレンガ造りの水道施設が有名で
大正4年(1915)建築で国の文化財に登録されています。
これらは整備された庭園風の中で保存されています。残念ながら予約しないと中には
入れないとの事でした。

091015 018.jpg091015 017.jpg 091015 014.jpg 
091015 031.jpg 091015 032.jpg 091015 033.jpg
ここは高台にあり、横浜の街が一望できます。右上は保土ヶ谷球場です。

この記念館も16:30閉館で、10月に入りぐっと日が暮れるのも早まったようで
忙しない感じで終ってしまいましたがこんな所もありますと言うのはお伝えできたかと
思います。

【Area1からお客さまへ】
先週の土曜日は久々の早朝野球でした。もう半袖のアンダ−シャツでは寒い季節となって
きました。今回の対戦相手が以前東京でお世話になったTeamでしかも急遽人数が
集まらず、相手チ−ムの助っ人に廻り、結果は3打数1安打1打点でした。
その後のバッティングセンタ−での打ち込みが効いて翌日は背筋痛!まだまだです。

さて今週の入荷は、
091016 005.jpg 091016 006.jpg 
【HCSに来日するHarpoon物が8種類】 【Area1限定Kidsパ−カ−¥2.940】
                           S〜L NY&RED

091016 003.jpg 091016 002.jpg 
【Mickey Key Cap】            【ペットボトルを提げられるスグレ物】 

091016 004.jpg
【Monthly Salesもあと半月です】

日が詰まり、18時で真っ暗です。Blog取材も午前中勝負となってきたようです。
そんなこんなで週末もまたご来店お待ちしております。
posted by HONMOKU-STYLE at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

ポンパドウル

さて今週は何を取り上げようか?まったく思いつかなかったので、ワイルドマンに何か無いですか?
って聞いてみたら、『良いのがあるじゃん!』って早速Ideaを貰いました。
ホント!あの人の頭の中の引き出しの多さには感心します。まぁ僕の場合その引き出しがあっても、
それを何処に入れたかを忘れちゃうと言うか、、、頭の中の整理整頓も苦手で、、、、、
そんな訳で今週はポンパドウルさんを取り上げてみました。
地元横浜では赤い袋のパン屋さんとして知られ、1969年に元町店が1号店としてオ−プンしました。
今では全国展開をされておりご存知の方も多いかと思います。
091008 005.jpg 091008 003.jpg
今回取り上げた理由にはポンパドウルが横浜発というのもそうですが、実は僕がム−ンアイズの
アルバイトを始める前は、元町のポンパド−ルに短期間でしたがお世話になっていました。
と言ってもパン屋さんではなく、今はもう無くなってしまいましたが2Fにレストランがありそこで
友人Hとバイトを始めました。
レストランはポンパドウルとは別会社だったと記憶していますが、間違っていたらゴメンナサイ。
この友人Hとはもう20年来の付き合いになりますが、喧嘩ぱやいのが玉にキズでそんな状況を
幾度無く見てきたので、大丈夫かな?と心配して居た僕のほうが先に辞めてしまい、結局Hは
学生時代ずっとここを続けていましたかね。

元々二人がポンパドウルでバイトしようとした理由は、元町で働きたい!との理由で
あの頃(1988年?)は当然インタ−ネットなんて無いので、確か?西口のルミネ1Fに
求人情報を検索できるモニタ−が設置してありそこで条件を入れ複数の求人の中から
二人が選んだのがポンパドウルだったという訳です。
Hはホ-ル、僕は調理場でした。初日にコック帽を一番高くして被っていたら、チ−フに
『お前はシェフじゃないんだから!』って注意される事から始まったのでした。

091008 004.jpg
慣れてくると、この道路で白の厨房着のまま、カッコつけてタバコを吸ったり、しゃべったり、
今考えると会社のイメ−ジダウンですよね。今更ながらお詫びさせて頂きます。

091008 006.jpg
そうそうJunkyさんも目の前でしたね。先週Junkyの高橋さんからワ−クパンツを購入!
そう考えると20数年行動範囲も変わっていないのも自分らしい気もします。

091008 001.jpg
Unionさんも当時バイト募集をしていましたが、場所柄か英会話の出来る方が条件で
断念したような気がします。

やっぱり元町で働きたいという気持ちが強かったんでしょうか?
そしてポンパド−ルを辞めた数ヶ月後に、ム−ンアイズの面接を受けるのでした。
その辺のお話はまたの機会で。

さて今週末3連休です。ポンバドウルさんに行ける方は是非どうぞ!

【Area1からお客さまへ】
今週はズバリ!Honmoku Burgerのご紹介です。これを描いている金曜日から
始まりました。レギュラ−メニュ−ですので平日、休祭日問わずOKです。
3インチ(7.5cm)が3個。このサイズが何とも絶妙でしたね〜!
どうですか?伝わってますか?


091009 009.jpg 091009 008.jpg

091009 005.jpg 091009 006.jpg
Dog Parking設置しました。こちらは警備平野さんの誘導はありません。

最後に入荷です。週末は3連休ですね。お店でお逢いしましょう!
091009 004.jpg 091009 003.jpg 091009 002.jpg
posted by HONMOKU-STYLE at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

三渓園

さて今週は今まで何度も取り上げようと思っていながら伸ばし伸ばしになっていた場所。
三渓園を取り上げてみました。場所は→。Area1からもスグですし,ChiboさんのBoogie Cafeも
近くですので、まさに本牧コネクションなのです。
今週木曜日に行ってきましたが絶好の秋晴れでした。
簡単に三渓園の説明から始めていきましょう!

三渓園は、生糸貿易で財をなした横浜の実業家 原三渓(本名;富三郎)の元邸宅。彼がこの地に
京都、鎌倉から歴史的価値のある建造物を移築し、明治39(1906)年に【三渓園】として一般に公開
しました。広さは175.000u(約53.000坪)。第二次大戦で大きな被害を受けましたが、戦後、
復旧工事を受け昔の姿を取り戻し現在に至っております。
まずは画像で一気にご覧下さい。

三渓園 001.jpg三渓園 002.jpg三渓園 003.jpg
【入園料¥500、駐車場¥500/日】

三渓園 011.jpg三渓園 052.jpg三渓園 067.jpg
【三重塔】は三渓園の象徴。もとは京都にあったものを1914年にここへ移築。
室町時代に建てられた塔だそうです。

三渓園 014.jpg三渓園 027.jpg三渓園 028.jpg

三渓園 050.jpg三渓園 054.jpg三渓園 055.jpg

三渓園 059.jpg三渓園 058.jpg三渓園 057.jpg                         
【臨春閣】ここも三渓園の代表的な建造物です。
三渓園 040.jpg三渓園 069.jpg三渓園 012.jpg
蝶、ミズスマシ、トンボ。 

三渓園 020.jpg三渓園 013.jpg三渓園 021.jpg
観光の目的はどうであれ、ゆっくり時間が流れている雰囲気を感じます。

三渓園 063.jpg三渓園 023.jpg三渓園 025.jpg
京都ぽい雰囲気です。

三渓園 033.jpg三渓園 034.jpg三渓園 036.jpg
三渓園 037.jpg三渓園 039.jpg三渓園 038.jpg
【松風閣】別荘やゲストル−ムとして利用されていたそうです。上記が現在の眺めですが
かつての本牧は景勝地で海もあり、抜群の景色であったと想像できます。
ここは位置的には本牧市民公園の真上になります。

三渓園 071.jpg三渓園 070.jpg三渓園 060.jpg
【ここは季節を感じ取れる場所だとよく分かります】

三渓園 004.jpg三渓園 007.jpg三渓園 075.jpg
【猫もなついてよく肥えていました。本牧版Felix】
三渓園 072.jpg

いかがでした?アメリカナイズされた本牧にこんな日本庭園があるとは意外な感じですか?
この和洋折衷さが本牧の特徴でもあります。三渓園、一度行ってみることをオススメ致します。

【Area1からお客さまへ】
Y150(開国博)が閉幕しました。目標の1/4程の集客数だったそうですが、その裏付けの無い
目標をたてた戦犯の市長が途中辞任で丸投げ、副市長も今週辞任したもののY150に関しての
コメントは無し。おまけにあのクモのアトラクションの所有権で揉めている有様、、、、
Y150によって壊された建造物などなど、帝蚕倉庫も壊す必要も無かったのでは?
横浜市のお偉いさんは、横浜という言葉が抱く、憧れ、思い、感情、想像などどんな連想を
市民を始め、みんなが持っているのかを真剣に考えてみて下さい!
広告代理店任せじゃ駄目ですよ!何を始めるにしてもここが肝ですから!
今週は生意気にもちょっと真面目に語らせて頂きました。ありがとうございました。

これからはNewのご紹介です。
091002 007.jpg 091002 009.jpg【Color;パ-カ-はGY。L/SはGY/BKです】
上記のColorは本牧限定です。遠方からご来店頂いたお客様のご意見の中で
Shop限定品が欲しいというお話をよく耳にしますので早速Tryしてみました。
カッコイイでしょ!

091002 010.jpg 【Monthly Saleも始まりました】

091002 011.jpg
ボンネビルDVD(2枚組)も金曜日に入荷しました。やっぱり聖地ボンネビルです。

091002 012.jpg やっぱり季節を感じないと!

そんな訳で10月です。まだ蚊も飛んでますが週末お待ちしております。!

posted by HONMOKU-STYLE at 07:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。